FC2ブログ
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブプラス Sound Portrait 姉ヶ崎寧々 シンシン(京都府) 2010/11/14(日) 08:44:10.53 ID:eJm9ZlO50 BE:901138638-PLT(12224) ポイント特典
「コナミネットDX」、『ラブプラス』デフォルメ発着信アニメを配信 
 
コナミデジタルエンタテインメントは、3キャリア対応のモバイルサイト「コナミネットDX」において、『ラブプラス』のデフォルメ発着信アニメの配信を開始しました。

「コナミネットDX」に『ラブプラス』の高嶺愛花、小早川凛子、姉ヶ崎寧々がかわいくデフォルメされた発着信アニメが登場です。 

ソース 
http://www.inside-games.jp/article/2010/11/10/45557.html 
ノイズn(東京都)[sage] 2009/10/09(金) 07:22:31.19 ID:pbD02U/4
女性のライバル ラブプラス、ラブドール&抱き枕 

凄い話題を呼んだ、DSの恋愛シミュレーションゲーム「ラブプラス」ですが、独女の皆さんは、「たかがゲーム」と馬鹿にしていると高嶺 愛花(ラブプラスのキャラクタ)にカレシを取られる可能性が高いでしょう。 
 
婚活パーティを企画会社では、男性不足で困っているという話を聞きました。結婚や恋愛に勇み足になっていることのほかに、男性たちはラブプラスのような恋愛シミュレータや、抱き枕(アニメキャラの枕カバーを抱き枕に巻いて寝る)やラブドールなどと楽しく恋愛しているので、婚活パーティに行く必要がないというのが原因の一つです。
 
http://japan.techinsight.jp/2009/10/askamei20091009.html 
ククリφ ★[sage] 2009/10/06(火) 12:47:14 P BE:249700673-S★(500003)
任天堂が法的処置を取ると言った当日! さっそく『R4』販売店が廃業!

ゲームメーカーのカプコンや任天堂が、違法性の高いゲームコピー機器『R4』に対して法的処置をとるとプレスリリースを公開したばかりだが、さっそく廃業となった『R4』販売店が出現した。50社
以上のゲームメーカーが『R4』の販売をしている業者に対して損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴した矢先の出来事だ。 
 
この販売店はオンラインショップの『R4』販売店で、10月5日に突然の閉店のお知らせをサイトで告知。「ゲームマジック閉店のお知らせ。大変勝手ながら、本日より、ゲームマジックを閉店いたします。皆様のご利用大変ありがとうございました。本日まで入金された方は全員発送を既にしております。明日以降入金いたします方につきましては、商品が発送できない可能性もありますのでご注意ください。本当にありがとうございました」という一文を掲載している。 
 
「明日以降入金いたします方につきましては、商品が発送できない可能性もあります」とあるため、もしかすると入金したまま品物も返金もない可能性がある(あくまで可能性だが)。会社の所在地も明記されていないため、個人がサイトを運営していた可能性も捨てきれない。 
 
それにしても、10月5に任天堂が法的処置に関するプレスリリースを出した日に閉店とは、あまりにタイミングが良すぎる。裁判で争うのであれば現時点で突然閉店しなくてもいいわけで、編集部が予想するに任天堂のプレスリリースを受け、ショップ側が自主的に閉店させたのではないかと思われる。とにかく、違法性が高いゲーム周辺機器を売る店が減っていくのはいいことだ。 
 
http://www.excite.co.jp/News/column/20091006/Getnews_32463.html
ノイズc(不明なsoftbank) 2009/10/05(月) 15:52:13.03 ID:Fz54/z9c
ニンテンドーDS用機器に対する法的措置について 
 
このたび、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一)は、ニンテンドーDSR(ニンテンドーDSLite、ニンテンドーDSiを含む)で起動するゲーム・プログラムを開発・販売している任天堂株式会社及びその他のソフトメーカー53社と共に、「R4 Revolution for DS」に代表される機器(いわゆる、「マジコン」と呼ばれる機器)を販売する業者らに対し、不正競争防止法に基づいて、輸入・販売行為の差止及び損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴いたしましたのでお知らせします。 
 
マジコンに関しましては、本年2月に当社らの主張を全面的に認め、その輸入・販売行為を違法とする勝訴判決を得ておりますが、その後も市場ではマジコンの輸入・販売等が後を絶ちません。当社らは2月判決後もマジコンの販売を継続している業者らに対して中止を求める警告書を発送し、或いは過去にマジコンを販売していた業者らに対して損害賠償の支払いを求める警告書を発送してきましたが、当社らの警告を無視する、或いは当社らの警告に対して真摯な対応が見られないケースが多く見られるため、この度、法的措置を取ることに致しました。 
 
本訴訟を通じて、マジコン等の不正機器の蔓延により、当社及びソフトメーカー各社が極めて大きな被害を被っており、それによってコンピュータゲーム産業が深刻なダメージを受けていることをユーザーの皆様を始めとする社会全体の認識として共有して頂き、市場からこのような不正機器を排除するような潮流が生まれることを期待しています。  

http://release.square-enix.com/news/j/2009/10/xiz55k76d.html
名前は開発中のものです[sage] 2009/10/02(金) 02:46:48 ID:yASNWfHd
結局、個人的にはTGS2009は「値下げ」の話題に湧いた開催だったように思う。新型の薄型PS3、これに合わせてのXbox 360の値下げ。続いてWiiの値下げ。なによりインパクトが大きかったのは、PSP-3000がニンテンドーDSよりも安い16,800円となったこと。 
 
ソニーとしては、次世代PSP2に向けてUMDをフェードアウトしていきたい思惑があることは明白で、PSP-3000の値下げには売り切りのニュアンスが込められている可能性がある。若年層ユーザーにとっては、UMDがなくなると事実上ゲームの貸し借りができなくなってしまうPSP goよりは、値下げされてお買い得感の増すPSP-3000の方に魅力を感じるという見方が多く、年末商戦では駆け込み購入が期待される。 
 
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20090930_318385.html
◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 2009/10/02(金) 13:03:22 ID:???0
ゲーム雑誌出版のエンターブレインは、2009年度上半期のゲーム市場規模が前年同期比10.5%減の2137億円にとどまったと発表した。ゲーム機の推定販売金額は15.1%減の808億円、ゲームソフトも7.5%減の1329億円だった。景気低迷と人気ソフトが少なかったことなどが響いた。 
 
最も売れたゲーム機は任天堂の「ニンテンドーDS」で169万台。ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」が81万台で2位だった。 
 
ゲームソフトでは、392万本販売したスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト9」がトップだった。 

*+*+ ZAKZAK 2009/10/02[13:00] +*+* 
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20091002/ecn0910021215002-n2.htm 
名前は開発中のものです[sage] 2009/09/29(火) 22:41:47 ID:GO5qaN4H
●ベスト版で初のミリオン達成 
 
エンターブレインは、2008年10月30日にカプコンから発売されたPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G(PSP the Best)』の国内推定販売本数が、100万7098本を達成したことを発表した(集計期間:2008年10月30日~2009年9月27日)。 
 
『モンスターハンターポータブル 2nd G(PSP the Best)』は現行機の廉価版タイトルとしては初のミリオン達成。また、『モンスターハンターポータブル 2nd G』は、ベスト版を含め合計約350万本の売り上げを記録している。 
 
http://www.famitsu.com/game/news/1228010_1124.html
◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★ 2009/09/29(火) 22:54:51 ID:???
2815c_242_2d5b7148cf4ba3941604981cafb4dfb6.jpg話題の人気ロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIII』(以下、FF13)が、480円で売られるという情報を『2ちゃんねる』でキャッチ!  
 
そんなはずがない!  
すぐにバレるウソ情報か?  
と思いつつも掲載されていた証拠写真を見てみると、本当に480円と書いてある!  
これっていったいどーいうこと!? 
 
これはレンタルDVD大手チェーンの『TSUTAYA 新宿店』のみが行っているキャンペーンで、9月30日までに『FF13』を予約すると、7,500円で買い取る権利をもらえるというもの。ほかの条件としては、発売日の12月17日から24日までに『TSUTAYA 新宿店』に『FF13』を売るというルールがある。 
 
つまり、9月30日までに予約して12月24日までに売れば7,500円で買い取ってもらうことができ、実質480円で『FF13』を手に入れて遊んだことになるというわけだ(TSUTAYA価格は7,980円)。 
 
実際にガジェット通信ゲーム班の記者が予約してみたところ、本当にキャンペーンを実施していることが判明。この情報はウソではなかった。5日間じっくり遊べば、もしかするとエンディングまで行くことができるかもしれない。これはかなりお得かも!? 
 
予約から買取までの流れはこうだ。予約する際に予約レシートを渡されるので受け取り、発売日の12月17日かそれ以降に予約レシートを店頭で渡し、「FF13を7,500円で買い取る権利」をもらう。「FF13を7,500円で買い取る権利」はどのようなチケットか不明だが、きっと偽造ができない店のスタンプが押されたものだろう。 
 
そしてガンガンゲームを進めてエンディングに到達したり飽きたりしたら、『FF13』を12月17~24日の期間内に『TSUTAYA 新宿店』で買い取ってもらえばいいわけだ。もちろん、「FF13を7,500円で買い取る権利」をなくしたり偽造(犯罪)したら7,500円で買い取ってもらえないし、『FF13』が汚れていたり欠品があるとその価格では買い取られないので注意しよう。

(中略)
 
まだ未知数なのは、『FF13』が発売日からどのようなペースで値段が下がるのかという点である。もしかすると急激に下がる可能性もあるし、もし6,000円で購入して5,000円で買い取ってもらえたら1,000円で長く遊べる可能性もある。はたして5日間ですぐ売ってしまうことが正解なのかどうか?プレイヤーのゲームの楽しみ方によって違うと思われる。あなたなら、すぐに売る?

ガジェット通信 
http://news.livedoor.com/article/detail/4369870/ 
名前は開発中のものです[sage] 2009/09/25(金) 22:33:56 ID:R7jTVKoy
そこで突如、小島監督は「「なぜプレイステーション3やXbox 360ではなく、PSPで作るのか?」ということをよく聞かれるので、ここで語らせてください」と、その理由をつぎのように語った。 
  
「当然新世代機でやりたいですし、『MGS ライジング』のチームが楽しんで作っているのを横目で見ています。でも、20年後くらいにはどこかのコンピューターにネット接続するだけでいろいろなゲームが遊べるような時代になると思うんです。外からでも家からでも。そうなるとゲームをどこでも持ち歩けるようになる。そういう時代を見越していまPSPで『MGS』を出して、そういう状況を実験したかったんです」(小島) 
 
流行やビジネス的なものからPSPで発売しようと思っているのではなく、将来を見据えた試みというわけだ。小島監督のスケール感の大きさが伝わるじつに興味深い“理由”と言える。 
 
小島監督は「PSPだから(本流の『MGS』シリーズとは違う)、ということは決してない。あくまで『MGS』シリーズの続編と考えてもらっていい」と続ける。つまり、ファンにとっては『MGS』シリーズの続編がいつでもどこでも誰とでも遊べるということ。PSPという新たなプラットフォームでの展開だけに、これまで以上にファンの幅が広がりそうだ。

http://www.famitsu.com/game/news/1227900_1124.html 
名前は開発中のものです[sage] 2009/09/24(木) 18:45:28 ID:GD5MhpD2
スクウェア・エニックスとのコラボレーションによる特別限定商品 
『「プレイステーション 3」 FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION』 
希望小売価格:41,600円(税込) 2009年12月17日(木)より発売 

~オリジナル仕様の新型「プレイステーション 3」(HDD 250GB)本体と
待望のRPG超大作ソフトウェア「FINAL FANTASY XIII」のセット商品~ 

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン※1(SCEJ)は、株式会社スクウェア・エニックスとのコラボレーションにより新型「プレイステーション 3」(PS3R)と、PS3R専用ソフトウェア「FINAL FANTASY XIII (ファイナルファンタジー サーティーン)」(株式会社スクウェア・エニックス)をセットにした『「プレイステーション 3」FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION』を、希望小売価格41,600円(税込)にて、ソフト発売と同日の2009年12月17日(木)より数量限定で発売いたします。 

本商品に同梱される『FINAL FANTASY XIII』は、全世界で累計8,500万本を突破している※2「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作で、PS3Rの性能をフルに活かし、圧倒的なビジュアルと臨場感、大きく進化したバトルシステムなど、新たなエンタテインメント体験を実現した新世代の「ファイナルファンタジー」です。 

同梱される新型PS3Rの本体は、特別色の「セラミック・ホワイト」を採用し、本体天面には『FINAL FANTASY XIII』の主人公「ライトニング」をプリントしています。また、ハードディスクドライブ(HDD)の記憶容量を通常モデルの120GBから250GBに増やしました。ユーザーの皆さまは、PlayStationRStoreからダウンロードしたゲームをはじめ、アニメなどの映像作品、またお手持ちの写真、音楽、動画などより多くのコンテンツを250GBのHDDに保存してご利用いただけます。 

SCEJは、2009年の年末商戦に向け大ヒットが期待される「FINAL FANTASY XIII」の発売に合わせて本商品を展開し、より多くのユーザーの皆様に「ファイナルファンタジー」の世界観を共有していただける機会を提供するとともに、PS3Rプラットフォームの更なる普及と拡大を強力に推進してまいります。 

以上 
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20090924_ps3_ff13.html 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。