FC2ブログ
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]


モモイロヒルザツキミソウ(catv?) 2009/07/29(水) 01:08:13.81 ID:FP3RaBiW
治験支援、伊藤忠子会社がベルシステム24と提携 

伊藤忠商事子会社で医薬品の臨床試験(治験)支援を手掛けるACRONET(アクロネット、東京・文京)はコールセンター大手のベルシステム24と業務提携する。治験手続きの監視や治験薬の割り当てなど相互に強みのある分野を組み合わせ、製薬会社から治験業務を一括受託できる体制を整える。治験ノウハウのないベンチャー企業などのニーズに応える。 
 
アクロネットは治験が規定通り進められているか確認する「モニタリング」や治験データ収集業務の受託が主力。ベルシステム24はコールセンターのほかに治験薬の患者割り当てや血中濃度の測定・分析などの治験関連事業を行っており、相互補完して治験を総合的に受託する体制を整えるという。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090728AT1D2500V27072009.html 
 
ダンコウバイ(アラバマ州) 2009/07/28(火) 22:17:09.39 ID:pUznqccX
1248438980_photo.jpgパルテノンプロ(千代田区外神田4)は7月18日、「戦国メイドカフェ&バー もののぷ」(外神田4、TEL 03-5296-9199)をオープンした。場所は中央通り末広町交差点近くの中華そば屋「日高屋」が入居するビルの5階。 
 
外国人観光客と歴史好きな男女をターゲットにした同店は、戦国時代をテーマにしたメードカフェ・バー。戦国時代、織田信長や豊臣秀吉らを影で操っていた架空の武将「萌田のぷ長」の元に差し出された姫たちが、同武将の城(店)を守るために「武装メード」として上洛してくる武将(客)たちをもてなすという設定を設けているのが特徴。 
 
「武装メード」らは、メード服と着物をミックスしたようなコスチュームと甲冑(かっちゅう)を身に着け、「お返りなさいませ、親方さま・姫さま」「戦場にご出陣です。親方さまにご武運を」などのあいさつで来店客を迎える。 
 
店内には、紫色の壁に戦国武将ののぼり旗や甲冑ポスター、折鶴や矢を飾るほか、豊臣秀吉の「金の茶室」にあやかったVIPルームも設置。

そのほか、甲斐武田家の家宝「たてなしのよろい」にインスパイアされたという、ピンク色にペイントしラインストーンなどで飾り付けた「萌田家家宝『たてありのよろい』」も置き、チェキで撮影できるオプションも設ける。加えて、スタッフらによる「萌え紙芝居」も。 
 
席数は約35席で、客単価は1,500円~2,000円(初回のみの入会金初回のみと入場料、ドリンク500円で想定)を見込む。 
 
http://akiba.keizai.biz/headline/1562/ 
◆.oqqpviQc. @窓際記者ななつぼしφ ★ 2009/07/28(火) 21:07:45 0
★NHK受信料未払いはダメ!東京地裁「自由意思で契約、解約できた」

放送受信契約を結んでいるのに受信料の支払いに応じなかったとして、NHKが東京都練馬区の男性(35)と江東区の男性(40)に、未払い分の支払いを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。綿引穣裁判長はNHK側の訴えを認め、請求通り男性2人にそれぞれ8万3400円ずつの支払いを命じた。

被告側はこれまで「男性らは思想に基づいて受信料の支払いを拒否しており、自宅に受信機を設置してあるだけで受信料の支払いを強制されるのは、『思想・良心の自由』を定めた憲法19条などを侵害している」と主張していた。しかし、綿引裁判長は「男性らは自由な意思に基づいて受信契約を結んでおり、解約の方法も事前に知ることはできた」と指摘した。

また、被告側が「民放のテレビ番組だけを見ていた」などと主張していたことについては、「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」と退けた。

判決によると、男性らは平成14~15年にNHKと放送受信契約を締結。いずれも16年3月31日まで受信料を支払っていたが、同年4月以降は支払いをやめていた。

被告側代理人は会見で、「『契約書があるから契約が成立している』ということしか書いておらず、極めて形式的な判決」と批判。NHK側は「全面的に主張が正当と認められた適切な判決」と
コメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000571-san-soci