FC2ブログ
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]


名前は開発中のものです[sage] 2009/09/08(火) 11:44:01 ID:HryJ3ktv
2009年12月17日に発売が決定した『ファイナルファンタジーXIII』(発売元スクウェア・エニックス)。ゲーム内容は非常に魅力的で、少しでも早くプレイしてみたいと感じるゲームではあるが、発売日発表前に発売日が一般人の手によって知られてしまうなど、情報に関するグダグダ感が否めない。 
 
今回の『ファイナルファンタジーXIII』発売をめぐるスクウェア・エニックスのグダグダな点をいくつかまとめてみた。もう少しうまくやれなかったものなのか……。 
 
発売日がTSUTAYA経由で知られてしまう
DVD レンタルショップチェーンのTSUTAYAで、一般客が『ファイナルファンタジーXIII』を予約。そのときに手渡された予約書に、ハッキリとゲームソフトの引渡し日が12月17日と書かれていたのである。どうやら、スクウェア・エニックスからすでに発売日が知らさせていたようなのだ。もちろん、まだ発売日を世間に知らせてはいけないときだった。その後、メーカーから警告を受けて予約を中止に。TSUTAYAのスタッフは「発売日も未定でわからない」とコメントするようになった。ちなみに警告したメーカーはどこなのか? いまのところスクウェア・エニックスという説と、ソニー(SCE)という説のふたつがある。 
 
発売日が『YouTube』広告で知られてしまう 
『YouTube』のトップページに「本日ついに発売日決定」という広告を出したものの、発売日決定後に掲載される予定の「12月17日発売!」という広告URLを個人に発見されてしまい、インターネット上に広まることになった。スクウェア・エニックスが作った広告だけに、TSUTAYAから発売日が漏れたとき以上に信憑性の高い情報となった。それゆえ12月17日発売という情報は、ほぼ100パーセント確定といえる。 
 
予約開始日がローソン経由で知られてしまう 
ローソンの購入・情報端末『ロッピー』に数時間だけだが「『ファイナルファンタジーXIII』9月9日予約開始」という情報が表示されるミス(と思われる現象)があった。これにより、近い将来に『ファイナルファンタジーXIII』が発売されることが知られてしまった。 
 
発売日発表パーティーの情報が事前に知られてしまう 
『ファイナルファンタジーXIII』の発売日を発表するパーティーが開催されることを、8月下旬の段階で一般人に知られてしまい、ブログや『2ちゃんねる』に情報が流出するという出来事があった。スクウェア・エニックスはパーティーがあること自体を秘密にしていたようで、『2ちゃんねる』では「パーティーはデマだ」という情報が流れたものの、実際は開催することが判明した。 
 
インターネットでは、今回の『ファイナルファンタジーXIII』の発売をめぐり、さまざまな情報が錯綜していた(いまもしている)。そんななかで情報規制をしかっりとしなくてはならなかったスクウェア・エニックスは、あらゆる点でグダグダ感を露呈。一般人に対して情報規制をするにはマスコミと販売店をしっかりと管理する必要があり、スクウェア・エニックスはその点において、失敗したといわざるを得ない。 
 
スクウェア・エニックスは人々に感動を与える素晴らしいゲーム作りをしているメーカーだ。ファンの立場からいえば、あらゆる点で完璧な計画をもって感動を与え続けて欲しいものである。 
 
http://news.livedoor.com/article/detail/4336728/ 
名前は開発中のものです[sage] 2009/09/08(火) 19:58:05 ID:JdgQvARN
photo-20090908-105315-0-2651945d05316aa60ee22ca85289a5de.jpg 『ファイナルファンタジーXIII』とサントリーのコラボレーション飲料も発表。カフェインとロイヤルゼリーが通常飲料の3倍入ったものとのこと。キャラクターがデザインされた全16種類が発売予定で、全缶セットやファギュアつきも用意されるという。 
 
名前は“ファイナルファンタジーELIXIR(エリクサー)"。発売は12月で、詳細は10月中旬発表予定。

発表会ではエリクサーをベースにしたカクテルが振る舞われた。 
 
http://www.famitsu.com/blog/express/2009/09/_ffxiii.html
ジャーマンアイリス(大阪府) 2009/09/09(水) 09:33:39.34 ID:vXqWfMx4
家庭用ゲーム機『プレイステーション3(PS3)』は強力な描画性能を誇るが、劇場用映画の上映にも堪えることを実証した。映画館がフィルムからデジタル上映に移行しており、低コストの上映システムとして本格採用されることになる――かもしれない。 
 
PS3を劇場用映画の上映に使ったのは、仙台市の映画館『仙台フォーラム』。
8月から全国で順次上映されている劇場版アニメ映画『空の境界』にPS3を利用した。9月初めの上映時、大画面の右上部分にPS3のコントローラーの充電を促すメッセージが表示され、これを見た観客から「上映にPS3を使っている」とのうわさが広まった。 
 
配給元のアニプレックスによると、「仙台フォーラム」では確かにPS3を使って上映しており、ブルーレイディスクではなく、HDD内にフルHD(1920×1080ドット)で保存したデータを使っているという。劇場用の映像ソースとしての画質チェックを行っており、民生ゲーム機でも画質に分かるほどの差は出ないとしている。 
 
また、映画の上映機材は、劇場規模や施設などによって異なり、すべての劇場がPS3で上映しているわけではないという。 

http://wiredvision.jp/blog/gadgetlab/200909/20090908233437.html
オウギカズラ(関西地方)[sage] 2009/09/08(火) 20:59:56.32 ID:dzwzA5IT
「そんな恥ずかしいカブト、取っちまえよ!」 武将ラブな“BL”本「ハラハラ! 関ヶ原」「Boys Love(BL)を超えるBusho Love」――伊達政宗×直江兼続など戦国武将同士をカップリングした“BL”本「ハラハラ! 関ヶ原-戦国男子」が発売された。

「あの武将とあの武将……実はデキていたのでは!?」――“歴女”のこんな妄想を、人気イラストレーターが描いた書籍「ハラハラ! 関ヶ原-戦国男子-」を、エンターブレインがこのほど発売した。 

伊達政宗×直江兼続、小早川秀秋×石田三成など、石田三成×大谷吉継など、戦国武将同士をカップリング。各カップリングごとのシチュエーションを描いたカラーイラスト36点に説明文を付けた。「Boys Love(BL)を超えるBusho Love」としている。 

解説文には、

「そんな恥ずかしいカブト、取っちまえよ!」(伊達政宗×直江兼続)
「三成の困った顔が見たいなぁ……裏切っちゃおうかなぁ」(小早川秀秋×石田三成)
「貴重なる薬ぞ。ゆえに、口うつしする」(石田三成×大谷吉継)

など各武将のせりふや、詳しいシチュエーションが書かれている。 

B5サイズで、全111ページ(うち95ページがカラー)。 
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/08/news104.html
シロウマアサツキ(新潟県) 2009/09/08(火) 20:32:04.28 ID:CKF3Q/ov
【サブカルちゃんねる】「美少女パブキャラ」全国でお仕事中 
 
《地域・商品PRに絶大な効果》 
「びんちょうタン」に「すのこタン」。かわいらしい少女の姿をしたキャラクターたちは、どれも地域や商品をPRするために使われているパブキャラ(パブリシティキャラクター)だ。 
 
“萌えキャラ”ブームも手伝って、さまざまなシーンで美少女パブキャラが誕生し、ファンの心をつかんで宣伝に貢献している。8月29日と30日に「幕張メッセ」で開かれたホビーイベント「キャラホビ2009」にはそんなパブキャラたちが大集合した。 
 
9月1日にエックスワン(東京都新宿区)から刊行された「パブキャラ大全」によると、全国各地にじつに多彩なパブキャラたちがいて、宣伝の“お仕事”にはげんでいることがよくわかる。 
 
■先駆けは備長炭 
萌えキャラで地域をPRする先駆けとなったのが「びんちょうタン」だ。ゲーム会社のアルケミスト(東京都江東区)が2003年に炭の擬人化として企画したキャラで、4コマ漫画で展開する一方、備長炭を生産している和歌山県のみなべ川森林組合に売り込んだところ採用が決定。04年から、マスコットキャラとして使われるようになった。 
 
みなべ川森林組合では「全国から人が来てくれるようになった」(松本貢参事)とキャラの効果を評価する。キャラホビではブースを出してグッズや本物の紀州備長炭を販売。「炊飯器にいれればご飯がふっくら炊きあがる」備長炭の良さをアピールしていた。 
 
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/090908/gam0909081644001-n1.htm