FC2ブログ
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]


二次元「数より質」画像スレ 1
二次元「数より質」画像スレ 2
二次元「数より質」画像スレ 3
二次元「数より質」画像スレ 4
二次元「数より質」画像スレ 5
二次元「数より質」画像スレ 6
お前らの好きな絵師とその画像を貼っていけ
金髪ツインテの虹画像
二次元「数より質」画像スレ 1
二次元「数より質」画像スレ 2
二次元「数より質」画像スレ 3
二次元「数より質」画像スレ 4
二次元「数より質」画像スレ 5
二次元「数より質」画像スレ 6
お前らの好きな絵師とその画像を貼っていけ
金髪ツインテの虹画像
あやめφ ★ 2009/09/22(火) 21:38:48 ID:???
06年の制作発表から約3年を経て、世界的ファンタジーRPG「ファイナルファンタジー13」が12月17日に発売される。ニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機や、ライバル機のWiiに後れを取ったPS3の“切り札”といえる人気ソフトがついに登場する。24日から開幕する国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ」でのお披露目に注目が集まる。 

FF13は、シリーズ累計8500万本を出荷しているRPGの最新作。FF13開発の指揮を執った北瀬佳範プロデューサーは、FFの生みの親・坂口博信さんの愛弟子で、これまで多くのシリーズを手掛けた同社のエースだ。ファンの期待の高さは、インターネット販売大手のアマゾンのテレビゲームソフトのセラーリストで既にトップになっていることからも分かる。 

さらにFFシリーズは、出すたびにゲーム市場に“嵐”を起こしてきた。97年発売の「FF7」ではPS陣営の勝利に貢献。01年の「FF10」では、DVD「マトリックス」のヒットで「DVD再生機」と皮肉られたPS2の普及を後押しした。02年発売のPS2用オンラインゲーム「FF11」では、オンラインゲームの市場を生み出す原動力となった。こうした成功の積み重ねが「ゲーム機の普及はソフト次第」という業界の格言を生み出した。FF13の発売は、ソフトのヒットはもちろん、PS3本体の普及への貢献が期待されている。 

9月3日に発売された新型PS3は、1万円の値下げ効果もあり、9月初週の販売台数は15万台(エンターブレイン調べ)と過去最高を記録した。9月第2週の販売数も5万台と好調をキープ。それまで週1~2万台で推移することが多かったことを考えれば、いかに売れているかが分かる。エンターブレインの浜村弘一社長は「ゲーム機の値段が下がって、キラータイトルが出る。これ以上ない最高の条件で、これで売れなかったらPS3は大丈夫なのか?となるだろう」と話す。 

では、どのくらい売れると「成功」といえるのか。浜村社長は「FF13は長く売れるだろうから、いずれは200万は超えてくると思います。しかし『成功』という意味では、150万本を目安に、最初の1カ月でどれだけ売れるかが重要」と指摘する。現在のPS3の普及台数は約350万台で、年末商戦で100万台を上乗せしたとしても合計450万台。PS3機購入者の3分の1が買う必要がある。しかもゲーム機本体(2万9980円)とソフト(9240円)を合計すると4万円近くが必要となる。 

ゲーム事情に詳しい立命館大学映像学部講師の新清士さんは、FF13の売れ行きについて「百数十万ぐらいではないか。世界を見ても開発費50億円以上というトップクラスのゲームは売れますが、それ以下の20億~30億円クラスは売れない傾向にあります。『かけているコストの割に合わない』という考えは強いんです。今は、WiiやDSのようなアイデア勝負のソフトが時代の主流なんです」と明かす。さらに「注目は(ソフトの売れ行きより、FF13が)PS3本体の台数をどれだけ引き上げられるか。そういう意味では、FF13以外にPS3をけん引するソフトが見当たらない」と指摘する。 

ソフトの売り上げ「分子」は、ゲーム機の台数「母数」が最大値だ。当然、「分母」が伸びないと、新しいゲームソフトの開発でPS3を選ぶ可能性が減り、それがソフト不足となってPS3の命取りになる……というわけだ。これまで何度もゲーム機本体の売り上げに貢献したFFが、PS3でも「ミラクル」を起こせるのだろうか。 

毎日jp(一部略)
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090922mog00m200004000c.html
名前は開発中のものです[sage] 2009/09/22(火) 08:55:29 ID:ffDmVCmm
スクエニ和田社長「任天堂は2011年までに新型Wiiを発表すると思う」 
 
スクウェア・エニックスの和田社長がFinancial Timesのインタビューに応え、Wii、Xbox 360、PS3の3機種の今後の展望について語っています。まず、和田氏は任天堂
について「任天堂は、2011年までに新しいWiiコンソールを発表すると思う」「その新型WiiはXbox 360やPS3のような機能を備え、おそらく異なる種類のコントローラーを持つことになるだろう」と述べています。 
 
マイクロソフトとソニーが開発中のモーションコントロール機能については、「現在のゲーム機にはすでに多くの機能がある。ネットワーク端末、ブルーレイ/DVDプレイヤー、ゲーム機という三本柱と比較すると、モーションコントローラーはゲーム機能の拡張にとどまり、インパクトは小さいかもしれない」と話し、市場への影響は限定的との見方を示しています。 
 
ただ、「発売時から良作がリリースされれば、ゲーム機市場に即時的影響を与えうる」と期待も寄せています。マイクロソフトのNatalについては「ユーザーインターフェイスは素晴らしく、それは今後スタンダードなものになるだろうと考えている」と評価。また、二社のモーションコントローラーを使ったゲームの開発については、「ゲームのデザインはきわめて難しいものになる」と語っています。 
 
http://gs.inside-games.jp/news/202/20287.html