FC2ブログ
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]


ククリφ ★[sage] 2009/10/06(火) 12:47:14 P BE:249700673-S★(500003)
任天堂が法的処置を取ると言った当日! さっそく『R4』販売店が廃業!

ゲームメーカーのカプコンや任天堂が、違法性の高いゲームコピー機器『R4』に対して法的処置をとるとプレスリリースを公開したばかりだが、さっそく廃業となった『R4』販売店が出現した。50社
以上のゲームメーカーが『R4』の販売をしている業者に対して損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴した矢先の出来事だ。 
 
この販売店はオンラインショップの『R4』販売店で、10月5日に突然の閉店のお知らせをサイトで告知。「ゲームマジック閉店のお知らせ。大変勝手ながら、本日より、ゲームマジックを閉店いたします。皆様のご利用大変ありがとうございました。本日まで入金された方は全員発送を既にしております。明日以降入金いたします方につきましては、商品が発送できない可能性もありますのでご注意ください。本当にありがとうございました」という一文を掲載している。 
 
「明日以降入金いたします方につきましては、商品が発送できない可能性もあります」とあるため、もしかすると入金したまま品物も返金もない可能性がある(あくまで可能性だが)。会社の所在地も明記されていないため、個人がサイトを運営していた可能性も捨てきれない。 
 
それにしても、10月5に任天堂が法的処置に関するプレスリリースを出した日に閉店とは、あまりにタイミングが良すぎる。裁判で争うのであれば現時点で突然閉店しなくてもいいわけで、編集部が予想するに任天堂のプレスリリースを受け、ショップ側が自主的に閉店させたのではないかと思われる。とにかく、違法性が高いゲーム周辺機器を売る店が減っていくのはいいことだ。 
 
http://www.excite.co.jp/News/column/20091006/Getnews_32463.html
ノイズa(神奈川県) 2009/10/06(火) 20:06:13.84 ID:wP13u24U
iPhoneアプリから曲をリクエストすると、初音ミクの歌をロボットが歌う――。  
 
そんなSFの世界が現われたのは、6日から幕張メッセで開催されているCEATEC JAPAN 2009のヤマハブース。産業技術総合研究所の開発した人型ロボット「HRP-4C」や、ネットに接続されたピアノなどが並び、近未来的な雰囲気がただよっていた。  
 
■ 人型ロボットが歌う「初音ミク」「津軽海峡冬景色」  
 
ブースを訪れて初めに目に入ってくるのは、初音ミクの衣装を着たロボット。ヤマハが開発した人工音声ソフト「VOCALOID」で「メルト」や「ワールドイズマイン」「津軽海峡冬景色」など、様々な歌声を披露した。楽曲の音素や韻律などを「口パク」データとして読み込んで滑らかに口を動かす様子に、多くの訪問者が足を止めて見入っていた。
 
「彼女」が歌ったのは、iPhoneアプリ「セカイカメラ」からのリクエストによる曲。セカイカメラはiPhoneのカメラ機能を使った「拡張現実アプリ」だ。目の前にポストイットを貼るように「エアタグ」と呼ばれるデータを設置できる。その中の「シャウト」と呼ばれる機能で、iPhoneから曲のリクエストをしている。

0000_o_.jpg 0815_o_.jpg

http://ascii.jp/elem/000/000/465/465651/