FC2ブログ
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムーラン(茨城県) 2009/11/29(日) 18:46:21.76 ID:oz21LqR+
英国人女性死体遺棄事件をめぐり、インターネット上では、逮捕された市橋達也容疑者(30)のファンを自称する「市橋ギャル」が出現した。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「mixi」では彼女らによる応援コミュニティーが乱立する一方、「不謹慎だ」との批判も相次ぎ、逮捕から2週間が経過してもなお、激しい応酬が続いている。mixiは登録制サイトのため身元が特定されるリスクが高いにもかかわらず、彼女らはなぜ容疑者を「追っかける」のだろうか。その心
理に迫った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091129-00000523-san-soci 
ノイズe(長屋) 2009/11/05(木) 12:18:30.27 ID:9ktzqkYf
動画投稿で一芸入社試験 ニコ動運営のドワンゴ
 
大手動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営する「ドワンゴ」(東京都中央区)が5日から、来年度新卒採用試験で一芸採用枠を設け、1次選考で応募者の動画を同サイトに投稿するエントリー方法を導入する。2次選考は12月9日に放送される同サイトの「ニコニコ生放送」の中継中に、同社の夏野剛取締役らによる面接を行う。1、2次面接ともにネット上で公開される。 
 
1次選考の動画は応募者本人が制作したものか、本人が撮影されたもので、同サイトでエントリーフォームに必要事項を記入後にアップロードする。通常の選考では発掘できない個性的な人材を発掘し、多様な才能を持つ社員を採用することで同社の活性化を図るのが狙いという。 
 
応募資格は、来年3月31日までに大学院や大学、短大の卒業予定者など。応募期間は11月30日まで。 
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000540-san-soci 
ノイズw(東京都) 2009/11/04(水) 10:02:14.09 ID:LtiMqRPH
DV被害、男性も増加  京の市民団体 体験語る会 

前略 

「妻にカミソリで腕を切られ、30針以上縫った」。DV被害の相談も受ける日本家族再生センター(山科区)が10月中旬に市内で初めて開いた集会で、岡山市に住む会社員の男性(50)は、約20人を前に、自らの体験を静かに語り始めた。 
 
新婚旅行から言い合いが絶えなかったが、「自分が妻を守らなければ」と耐えた。夫にぐいぐい引っ張ってほしいと望む妻には、何でも話し合って決めたい男性が物足りなく映るようだった。言葉の暴力が次第に「殴るける」になり、単身赴任時代には正月も自宅に帰らせてもらえなかった。 
 
今年8月、離婚が成立した。大学入学を控える2人の息子のために、夫婦のけじめを示そうと決断した。「彼女はわたしとではなく理想の男性像と結婚した。やっと人生の新たな一歩を踏み出せた」と振り返った。 

日本家族再生センターにはほかにも、ささいな理由で突き飛ばされたり、物を投げつけられる身体的被害の相談が男性から寄せられている。また、加害者とされる男性から詳しく事情を聴くと、「安月給」「いつまでぐずぐずしているの」といった人格を否定するような言葉の暴力を受けている場合も少なくないという。 

センターの味沢道明所長(55)は「いまだ男性支配社会であることは否定しないが、男性と女性で相互に抑圧関係が入り組む実態を冷静に考える機会をつくっていきたい」と話す。 

・男性のDV被害 京都市が2007年、市内の成人5千人を対象に初の実態調査を実施した。「DV被害を受けた」は男性が20・3%、女性が31・3%だった。警察庁によると、男性が配偶者からの暴力で相談や被害届を出した件数は08年が402件、07年が288件、06年が210件。全体に占める割合は2%に満たないが、年々増えている。  

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009110400026&genre=C4&area=K00 
ノイズe(秋田県)[sage] 2009/11/03(火) 15:56:06.43 ID:9d4/RWak
ブログ『GetSet の日記』の管理人(以下、G氏)が、配送業者のクロネコヤマト(ヤマト運輸)に失礼な対応をされブチギレしたことを報告している。路上でクロネコヤマトの運転手の物らしき携帯電話を拾ったG氏は、電話帳にロックがかかってなかったので電話帳を調べ、しかるべきクロネコヤマトの事務所に携帯電話を拾ったことを伝えた。 
 
近くに警察署や交番がなかったことから、親切心でどうにかクロネコヤマトに携帯電話を渡そうと考えたのである。そこで、とりあえずクロネコヤマトに電話をして拾ったことを報告し、コンビニに預けるなどの処置をしようとしたのだという。しかし、クロネコヤマトの対応は信じがたいものだったという。その流れをブログより引用し、以下に掲載する。 
 
G氏: 御社の業務用携帯を拾ったので連絡してみました。どうすれば良いですか? 
黒猫: 少々お待ち下さい。 
 
黒猫: では、そこから近所の営業を紹介しますので、そちらに連絡して下さい。 
G氏: は!? 私は単に親切心から拾い物の連絡をしただけですが、さらに連絡を私にやれと仰るのですか? 
黒猫: ここは配送センターでして、営業的な部分は……。 
G氏: 営業所とやらに連絡する義務は私にはありませんし、拾ったことへのお礼の言葉すらありませんよね? どうしてそんな非常識な対応をなさるのですか? 
黒猫: 済みません、少々お待ち下さ……。 
G氏: 待ちません。判りました、もうこれ以上、この件におつき合いすることは辞めます。自分たちで勝手に拾いにきなさい。場所は××です。さっさとこないと誰に拾われるか知れたものじゃないですよ。 
黒猫: はぁ……。 
 
このときの心境をG氏は、「女性の声はか細かった。彼女に全面的な非がある訳ではなく、指示を出した上役がアホだということは重々承知だが、マニュアル対応しか出来ないことは彼女も反省すべきだろう。大人げないなとは思いつつも、腹立たしさを抱えたまま電話を切った」と語っている。さすがにそんな対応をされたら、ムッとしてしまうのは当然である。

G氏は腹が立ったのか、その場に携帯電話を置いて立ち去ったという。その後、クロネコヤマトのお偉いさんからお詫びの電話があったらしいが、今後クロネコヤマトを利用したくはないと伝えたとの事。善意に対して事務的な対応しかできないクロネコヤマトという印象を受けてしまったようだ。

http://excite.co.jp/News/column/20091103/Rocketnews24_18125.html
ノイズw(大阪府)[sage] 2009/11/02(月) 05:34:56.98 ID:22tejEYL
「玻(は)」という漢字を名前に付けた娘(生後11か月)の出生届を、名古屋市が「人名用漢字ではない」などとして受理しなかったのは不当だとして、同市東区の両親が受理を求めた裁判で、名古屋高裁は先月、訴えを退けた。 
 
このため矢藤仁さん(40)、清恵さん(38)夫妻の次女、玻南(はな)ちゃんは戸籍がないままで、両親は近く、最高裁に抗告する考えだ。 
 
「子供をおとしめる文字ではなく、意味のない当て字をしたわけでもない。思いを込めた名前をつけてあげたい」と訴えている。 
 
旧約聖書に登場する女性「ハンナ」と、「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」(つまらないものと混じっていても、素質の優れたものは輝いてすぐにわかる)ということわざから命名した。 
 
戸籍法は、名前に使う漢字は「常用平易な文字を用いなければならない」と定めており、市は、「玻」が常用漢字や人名用漢字にないことを理由に、出生届を受理しなかった。 
 
両親は名古屋家裁に審判を申し立てたが、1月に却下。即時抗告したが、名古屋高裁でも10月27日、「明らかに常用平易と認められない以上、戸籍上で使えないことはやむを得ない」との判断が示された。 
 
(2009年11月2日05時11分  読売新聞) 
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091101-OYT1T01018.htm 
ノイズa(福岡県)[sage] 2009/11/01(日) 10:07:31.86 ID:g97z86Tb
TBSの元女性芸能リポーターが傷害容疑で書類送検 局側の無責任対応に被害者激怒 
 
TBSの元女性芸能リポーターYが10月20日、傷害容疑で滋賀県警から書類送検されていたことが明らかになった。 
 
「自局の番組で起用しているレポーターによる行き過ぎた取材の結果、傷害を負わせた被害女性から告訴され、書類送検されたにもかかわらず、TBSは無関係を装う。許せませんよ」(被害女性の友人) 
 
事の発端は2月に俳優のJJサニー千葉(旧芸名・千葉真一)が開いた記者会見だった。ここで千葉は、自身が主宰する俳優養成学校「サウザンリーブス ハリウッド京都」に絡むスキャンダル報道に対して「事実無根」と激怒し、反論した。 
 
「ところが会見の場で、千葉サイドの弁護士が、スキャンダル報道のネタ元とされるK氏に送った内容証明を取材陣に配るという行動に出た。喜んだのは、当時、 TBSの『2時っチャオ!』のリポーターだったYとクルーです。ところが、内容証明に書かれている住所の家を直撃したら、実は住所が間違っていたんです」と言うのはマスコミ関係者。 
 
「応対に出た女性はビックリ。『違う』と言ってるのに、強引にYとクルーがドアを開けようとしたため、女性はドアに指を挟んで大ケガをした。女性はTBSに抗議しても、同局は責任を認めないので、滋賀県警にYを刑事告訴したんです」(同) 
 
滋賀県警はTBSまで出向いて関係者を事情聴取したが、同局は、Yが外部スタッフであることや、すでにYとの契約を打ち切ったことなどを理由に「自分たちには関係ない」と知らんぷりだったようだ。Yの暴挙は裁かれてしかるべきだが、TBSに責任がないと言い切れるのだろうか? 
 
http://news.livedoor.com/article/detail/4426854/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。